一般的な化粧品にも、効果のある成分をたっぷりと含んだものが多くあります。

ハイドロキノンを多く含むものもあります。

しかし、それらは期待するほど効かない。


それは浸透のテクノロジーの差。

気のせいではなく、ナノレベルの違いなのです。

お肌には外からのものを防ぐバリア機能があり、大きな粒は真皮まで到達できません。

ビーグレンは莫大な経費をつぎ込んで、成分をナノ化し、必要な部分にまで浸透させることに成功しているのです。